事業紹介 エネルギー事業

ホーム>事業紹介>エネルギー事業

エネルギー事業

時代の変化・ニーズに対応する新しいビジネスを推進

今や地球温暖化は、人類の生存をも左右する深刻な問題です。限りある化石燃料資源への過度な依存は、需給バランスを崩し時として世界経済を混乱に陥れます。これに対し、再生可能エネルギーである太陽光は地球環境にも、経済の持続的な成長にとっても大きなメリットがあります。兼松KGKのエネルギーグループは最も期待されているこの分野で、単結晶、多結晶シリコンウェハー及びその製造装置、さらには太陽電池パネルと周辺機器を含めた太陽光発電システムをお客さまに提供しています。

高品質、高出力のモジュールを提供

主に多結晶モジュールはSchott社(ショット社、ドイツ/製造:Taicang Hareon Solar Co.,Ltd.、中国)、単結晶モジュールはSuniva社(サニバ社、アメリカ)の商品を取扱っています。ショット社は、1958年より宇宙衛星用のソーラーセルを開発し、豊富な経験と実績を兼ね備えたドイツの老舗企業です。サニバ社は、1985年に創立されたアメリカ・ジョージア工科大学内のPV研究所内にて技術開発、製造を開始し、2007年に設立された会社です。両社とも、出力保証25年、製品保証10年に加え高出力のモジュールを提供しています。

太陽光発電システムをトータルに提案

太陽光発電システムは、太陽電池モジュール、接続箱、パワーコンディショナ、架台など様々な周辺機器により構成されます。兼松KGKはソーラー業界において10年以上の経験と実績を有し、複数のシステムインテグレーターおよび、施工会社と連携してお客様のニーズに合った最適なシステムをご提案させていただきます。川上から川下までの商流と長年の実績により、メーカーや施工会社と太い信頼及び協力関係を築いております。またさらにメーカーと共により品質の高いセル・モジュールの開発も進め、より良いシステムの構築、サービスを提供してまいります。
兼松KGKは、太陽光発電システム以外の再生可能エネルギーを利用した発電システムやそれに付随する設備も提供することによって、エネルギー分野における確固たる地位を築いて行きます。

  • 太陽光発電システム

    ■太陽光発電システム ■インバータ ■接続箱

  • 地熱・バイオマス

    ■小型バイナリー ■ICリアクター

  • 蓄電池

    ■リチウムイオン電池 ■レドックスフロー電池

  • 省力化の提案及びその他

    ■LED ■植物工場