事業紹介 プロダクトソリューション

ホーム>事業紹介>プロダクトソリューション>食品:HPP(超高圧殺菌)

食品:HPP(超高圧殺菌)

HPP(High Pressure Processing)とは、包装後の食品に対して、最大600Mpaの静水圧を数分間かけることで低温殺菌する技術です。 食品に対して高圧力をかけることによる非加熱殺菌の効果は、19世紀には既に発見されていましたが、実際にHPP食品が開発されたのは1990年代に入ってからです。 2000年以来、HPPは様々なタイプの食品に対して適用されるようになっています。 HPPは食品本来の風味や栄養素を維持しつつ、伝統的な加熱処理や薬品処理の代替となりうる殺菌技術です。

  • 加圧殺菌
加圧殺菌
取扱品目 メーカー名 関連資料 お問い合わせ
HPP(超高圧殺菌)装置 Hiperbaric社
(ハイパーバリック社)
メーカーHP 詳細はこちら カタログ お問い合わせ