採用情報

ホーム>採用情報>先輩社員の声/井上 寛之

先輩社員の声
社内外、海外との交流が自分自身を成長させる

専門商社ならではの魅力

就職活動を始めたときは、工業メーカーを志望していました。しかし、面接を受けるうちに、兼松KGKが専門分野に特化しながら、幅広い商品をお客さまに提案できることに魅力を感じました。また、海外への出張があるというのも魅力の一つでした。

視野がひろがる研修制度

マナー研修のほか、英語研修や、社外の様々な方が講師として話してくださる機会があり、普段聞けないような話が聞けて、視野が広がります。普段の仕事からの発想の転換や、刺激になりますね。営業は、チームのサポートもありますが、「まずは自分で考え、行動する」という社風で、研修がいきていると感じます。

海外と国内を行き来することで生まれる提案

現在の業務は、製パン業者様に関連機器をご提案すること。その際、たとえば海外のお客さまに、日本で流行のパンを作る機器をご提案したり、逆に、日本のお客さまに、海外で流行のパンを作る機器をご提案することもあります。単に、機器の発注を受けるだけではなく、お客さまに「こういう商品を作ってはどうだろう?」と提案することができることが、営業の醍醐味です。自分が納品した機器で、お客さまから、「今までで一番、売り上げが上がったよ!」と感謝されたとき、この仕事を続けて良かったと感じました。

自身の成長が会社の売り上げにもつながる

国内の製パン業者様でも、まだまだお取引のないところがたくさんあります。まずは、国内の新規顧客の獲得に努力し、海外でも顧客を増やすことが目標です。自身が成長することで、しっかり結果がついて来ることが、営業の魅力。成長意欲のある方なら、きっとやりがいをもって頑張れると思います!